HOMEお墓選びその前に

1.お墓を建てる前に知っておきたい基本知識                         お仏壇・仏具・墓石の花匠

お墓をえらぶ時には、一体何を基準に、どう探したらいいのでしょうか?
費用のこと、場所のこと、手続きのこと。またお墓の継承や契約のこと・・・、知っておきたいことはたくさんあります。
ここでは、お墓探しのエッセンスを簡単にわかりやすく説明します。

お墓を建てる前に!

建墓時期について                                    お仏壇・仏具・墓石の花匠

お墓を建てる時期についての決まりはありません。
大切なのは供養の気持ちであり、時期については心の整理がついた時点がよいでしょう。
ほとけ様(ご遺骨)がある場合は、一日も早く安眠できる場所をつくってあげることが故人への供養となりますが、四十九日や一周忌など親族の集まりやすい時期に合わせてお墓を完成させて、納骨法要と開眼供養は同時にとりおこなうのが一般的です。
また、生前にお墓を建てることを「寿陵(生前墓)」といいますが、「後顧の憂いを残したくない」、「生きているうちに建てておきたい」という思いから寿陵墓を建てる方も少なくありません。すぐにお墓が必要でなくても、必要になった時、お墓を建てる際に必要な知識について説明させていただきます。

2.お墓購入のステップ                                  お仏壇・仏具・墓石の花匠     

お墓の購入は一家一族にとって1回あるかないかの大きな買い物であり、子々孫々末代に至るまで引き継いでいく拠り所でもあります。お墓を建てるにあたって、大まかな手順や流れについても知っておきましょう。

お墓購入ステップ

1.事前準備

「いざお墓を購入しよう」と思っても、はじめてのことだらけ。 費用・価格のことから、霊園・墓地の形態、石の種類やデザインなど・・・。申込に条件がある霊園もあります。 家族や親戚、夫婦、親子間で会議の場をつくって、事前にいろいろ話し合い、質問したいことなどをまとめて書き出しておくと、その後の流れがスムーズです。 まずはお墓に関する情報を集めることから始めます。新聞の折込チラシも情報にはなりますが、紙面では実際の物よりも粗悪な既製品であったりする場合がありますので、実際に店舗まで見学に行くことをお勧めします

2.墓地の大きさを測る

お墓を建てる場所の間口(正面から見ての横幅)を測ってください。 自分のお墓がどのくらいの大きさなのかを把握しましょう。実際に墓地に行き、寸法を測ります。墓地の間口と奥行を測ってください。(単位はmまたはcmで結構です) → 次に奥行を測ってください

3.展示場へ行く

実際に展示場に行ったら、説明を聞きましょう。また、あらかじめ用意しておいた質問をお店自体の信頼を確認するためにも聞いておいた方が間違いがございません。

4.墓石を決める

実際にどのようなお墓にするか選んでいただきます。形や石の色を決めていくのは見た目だけでは判断しないことです。あくまで「品質」はどうであるかを重点にしてください。そして、工事内容や保証も合わせて確認するのが宜しいでしょう。

5.自分のお墓をイメージする

お客様のご予算、ご希望に沿った墓石を選び、お墓の設計と見積もりを作成してもらいましょう。図面で自分のお墓をイメージし、それに見合う価格かどうか見積書を確認します。

6.工事契約

設計内容、ご予算に納得していただいた上でご契約となります。契約で重要なことは値段だけでなく、内容、仕様についてもきちんとした明細がわかる契約書で契約をすることです。口約束で済ませることはトラブルの元です。契約時に確認する主な項目は次の通りです。
●仕様(墓石の形、大きさ、石の種類、工事内容など) ●値段および支払い条件 ●アフター保証の内容 
●納期、工程スケジュール

契約時には内金が必要になる場合がほとんどです。契約前に事前に確認しておきましょう。また、契約後には菩提寺の住職に墓石を建立する旨をお伝えしましょう。

7.施工開始

墓苑と墓石が決まりましたら、いよいよ工事開始。 工事は墓石店側が行うもので、お客様にお立ち会いいただく必要はありませんが、お墓の建立は一生に一度のことですから、時間の許す限り見に行ってほしいものです。
■基礎工事ベース工事の後、外柵と納骨室を作ります。
■墓石及び外柵などの設置工事
石塔・水鉢花立・香炉など付属品の据え付けを行います。必要な方は霊標や防風灯なども備え付けます。

8.完成引渡し

工事が完成したらお客様のご都合に合わせて現地で確認を行い、お引き渡しをします。その後、支払いを済ませて保証書を受け取ります。

9.ご魂入れ(法要)

お墓が完成したら菩提寺の住職に「開眼(かいげん)供養の儀式を行っていただきます。これを「お魂入れ」とも呼びます。「開眼」とは、仏の魂を迎え入れるという意味で、お墓は建てただけではただ石に過ぎず、この儀式を済ませて初めて礼拝の対象となります。故人がおいでになる場合は回忌法要と合わせて行うことが多いです。納骨もこの時に同時に行います。

このページのトップへ  静岡 牧ヶ谷霊苑販売店|墓石 お仏壇の花匠
HOMEお墓選びその前に 3.お墓の価格と費用
お仏壇 仏具

お仏壇 墓石の花匠(はなしょう)|
お仏壇選び、墓石に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

3.お墓の価格や費用        

お墓の価格

お墓を建てる際の費用として基本的に考えられるものは、「土地代」と「墓石代」です。「土地代」は、お墓を建てる場所を永代に渡って使用する権利を取得する為の費用で「永代使用料」や「墓地使用料」といいます。
この土地代はお求めになる墓地の地域・大きさにより価格が異なります。
「墓石代」としてかかる費用は、墓地を囲む外柵と石碑が主ですが、それに付属する花立てや香炉、故人の戒名等を彫刻する墓誌等も考えられます。
「墓石」はお墓を建てる方の「想い」を形として表現し、その家の財産として後世に残す事が出来る大切なものです。一生に一度きりの事ですから、石の種類・墓石の形・加工方法等を十分にご検討される事をおすすめします。

このページのトップへ  静岡 牧ヶ谷霊苑販売店|墓石 お仏壇の花匠

4.霊園、墓地探しのポイント              

静岡 霊園 墓地探しのポイント

  

墓地の形態について                     

寺院墓地

寺院墓地

寺院が管理運営してる墓地で寺院の境内にある墓地を指します。葬儀や法事にお寺の施設を利用することができる等の利便性と依頼すれば読経、供養してもらえる等の安心感があります。購入の際にはそのお寺の檀家になることが求められます。

民営霊苑

民営 霊園

民営 霊園とは宗教法人や公益法人が管理運営する墓地です。宗教に制限がない、遺骨がなくても利用できる等が特徴で数も多く立地や環境等で好みの選択ができる等のメリットがあります。

公営霊園

公営 霊園

公営 霊園とは都道府県や市町村などの地方公共団体が経営している墓地のことを指します。宗教を問われないこと、管理体制がしっかりしている、比較的価格が安価である等の理由で人気があります。しかしながら募集数に対して希望者が多く入手に際して抽選を行うケースが多く、申込の際も申込者の住所、遺骨の所持等の制限があるのが一般的です。

知っておきたい!お墓に関わる法律                    

墓地、埋葬等に関する法律

この法律で「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。」とされており、墓地として認可された区域以外にお墓を建てて埋葬することはできないことになっています。

墓地の使用権

墓地を購入するということは、土地の「所有権」ではなく「使用権」を取得することになります。墓地の場合は永代使用権といって代々その墓地を使用することができます。

埋葬許可証

墓地を購入した際に発行される「永代使用承認証」以外に埋葬する為には、市区町村が発行する埋葬許可証が必要となります。

相続

民法ではお墓の所有権は慣習に従うこと、かつ被相続人が相続人を指定とされています。一般的に長男、配偶者が承継者になります。お墓の承継者は墓地の管理事務所に名義変更届けを提出する必要があります。但し、お墓は遺産ではありませんので相続税はかかりません。

お仏壇 仏具

お仏壇 墓石の花匠(はなしょう)
お仏壇選び、墓石に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ  静岡 牧ヶ谷霊苑販売店|墓石 お仏壇の花匠