HOMEお墓選び方墓石の種類
墓石

お墓づくりにおいて石材選びはもっとも重要なポイントです。 お客様のご予算に応じたおすすめのかたちや石種を、豊富な種類と斬新なデザインからお選びいただけます。

ご予算に応じた石選び           

代表的な石の種類 31種類を選出し紹介

近年、お墓に対するニーズの多様化に伴い、数多くのお墓のかたちと石種が出回っています。それをきちんと説明できる墓石店は実は意外に少ないのが現状です。粗悪な格安墓石の販売によってトラブルになるケースも珍しくありません。食品の“原産地表示”が強く叫ばれるなか、花匠は石材を取り扱う業者として、お墓づくりにおいて重要なポイントである墓石に使う石材選びを、お客様の想定ご予算に応じたおすすめのかたちや石種を選定し、お話しを進めさせていただきます。 ここでは、分かりづらく不鮮明な石の種類(値段・特徴)を、現在弊社がとりあつかっている石種の中から、代表的な31種類を選出し紹介しております。 使用する石の量や質によって、お墓の費用は大きくかわり変わりますが、花匠は、「購入するものについて正確な情報」をお伝えしたいと考えております。 ※参考までに、近年の墓石にかける予算は150万から250万位が一番多いようです。

代表的な石の種類 31種類

森林緑
日本産
コメント準備中。
バンダイ
日本産 (福島県)
青色系花崗岩。光沢が良く吸水率も低い。
真壁小目石
日本産 (茨城県)
結晶の変化が美しい淡青で自然焼けしない白色系花崗岩。国産の中でも硬質で、吸水率も低く、現在も採掘量が安定している。墓石、灯篭に多く使用され、青味の強い物ほど高級品。
浮金
日本産 (福島県)
黒褐色の斑レイ岩で、名前のとおり黒地の中に金や白色の美しい斑が浮き出るが如く絹糸状に光を放つ、みちのくの最高級ブランド銘石。昭和初期から墓石や建築材として使用され、黒系の墓石材として関東・東北地方を中心に多くの実績をもつ。日本を代表する世界的価値のある高級石材です。
ニューインベルアルレッド
インド産
“インド赤”と呼ばれる代表的な赤御影石。硬質で吸水率も低く、耐久性に優れた高級石材。世界中で最も赤い石といわれ、建築石材の分野でも人気があります。墓石としては主に洋型墓石やデザイン墓石に採用。
アーバングレー
インド産
石材業界では「DM-5」、別名を「ムドカルグレー」とも呼ばれる石。透明感のある鮮やかな中目に多少緑がかったグレーの色調が特徴。価格帯もお手頃で、品質と価格が見合った石種。外柵材としても大変人気があり、インド産の御影石は全般に硬質で堅牢性に優れることからおすすめ。
インドグリーン(M1H)
インド産 (アンドラブラディッシュ州)
インドグリーンと同様の特徴を持った、硬質なグリーン系御影石。場や生産時期により色調に差が出る。
インド銀河
インド産
非常に硬質で水を吸いにくい良質な高級墓石材として定評がある石。通称「ZC」「ZM」と呼ばれ、上品な淡い色調と、色目に名前の由来通り銀河の星屑を想わせる白玉模様が入っています。お釈迦様誕生のインドを代表するグレー系細目石で、色目は濃手と淡手の2種類があります。
山西黒 (G342)
中国産 (山西省)
中国の代表的黒御影石。インドや南アフリカ産の黒系と比べると安価なため、人気が集まり現在最もポピュラーな黒御影石となっている。多くのランクがあり、同じ石種でも品質に差が生じるため、あまり安いのもには注意が必要。
長楽 (G654)
中国産 (福建省)
中国産青御影石の定番。一般的に「G654」といえばこの種類。採掘する丁場により「長泰」「角美」「平和」「甫田」「屏南」と種類があり、原石が玉石で採掘されるため、大材が取れ難いのが難点。お手頃価格で人気があるが、青御影石のなかでは比較的水を吸いやすい傾向があります。
白御影 (614)
中国産 (福建省)
各石材店でいろいろな名前をつけられて流通している中国産白御影石。細やかな石目と落ち着いた色調で墓石には最適かと思われがちだが、石質は軟質で水を吸いやすい為、堅牢性には疑問を残す。墓石材のなかでは最も安価といえ、広告などで格安で出ているもののほとんどはこの石といってもいいでしょう。
中国万成 (G361)
中国産 (山東省)
岡山県産の銘石「万成石」に類似しているため、別称を「中国万成」といい、ピンク花崗岩の代表格として特に建築の分野で人気があります。最近は福建省の桜御影におされ、流通量が減っています。
白御影 (G688)
中国産
白系で小目。真壁石に似ており、外柵でよく使われる。
桃木心 中国マホガ二
中国産 (陝西省)
“ももきごころ”と読み、「チャイナ・マホガニー」としても流通しています。茶褐色の色調をもち、赤みを帯びた石目でありながら落ち着いた雰囲気があるため、老若男女問わず全国的に人気がある。洋墓やデザイン墓には欠かせない石種。
G663
中国産 (福建省)
近年、桜御影石の代表格として定着しています。柔らかなやさしいピンク色の色合いと均一で細やかな目合いから特に女性に人気がある。明るく華やかなイメージは環境石材や洋型墓石やデザイン墓石に最適といえ、芝生墓所では特にその上品な存在感が引き立ち、外柵の使用におすすめ。
インパラブルー
スウェーデン産
インパラ系黒御影石の最高級グレード。落ち着いた優雅な色調と希少な目合いはまさに「アフリカの貴婦人」。洋型墓石に映える高級石材として定評があり、石目のなかにまるで宝石を想わせる美しい青い結晶が散らばっています。最近では良質なものが少なくなりつつあり、生産も限定的となっています。
墓

基本の形は、和型・洋型・和洋型3種類です。 すべてオリジナル墓石です。
お客様のイメージにあったお墓づくりをいたします。

強度

自信の耐震施工花匠のお墓は、大規模な地震にも耐えうる加工が施されています。
この特殊耐震施工も標準施工に含まれており、 地震などの衝撃から皆様の大切なお墓を守ります。

彫刻

彫刻の種類多様なデザインからご希望の書体で 彫刻を施すことができます。
「書体・花・家紋」等、故人のイメージを 大切にしながら彫刻するお客様も増えております。

安心なお墓

安心のアフターケア花匠の製品・施工に万が一問題があった場合は、通常の10年保証に関わらず、
責任を持って対応いたしております。

開業以来、約800基以上の施工実績が ある花匠ならではの自信のアフターケアです。

お仏壇 仏具 まきがや霊園について花匠へ問い合わせ

静岡お仏壇 墓石の花匠(はなしょう)|
お仏壇選び、墓石に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ